に投稿

提案依頼書で示される取り決め範囲

Web制作がプロジェクトとして進み始められるかどうかの最初の関門となる提案依頼。ここで使用される提案依頼書(FRP)の意義、必要性について改めて考えてみましょう。依頼人が口頭でおおざっぱな内容を伝えただけでは、受ける側として具体的な業務開始が行えるかどうか判断しにくいことは容易にわかります。

契約書を交わし人やお金が動くプロジェクトでは、どんなに小規模のものといえど、最低限の取り決めが必要でしょう。依頼側の予算に対し受ける側ではじき出した見積との比較、納品時の成果物内容など、両者で整合を取っておくべき項目はいくつも考えられます。

依頼側の要望と受ける側の可能範囲は常にお互いの責任者が考えておくべきことと言えるでしょう。FRPはそれを文書化しましょうということです。