に投稿

作業工数が余った時こそチャンス

Web制作のようなプロジェクトに限らず、一般的に作業工数が予定をオーバーしてしまうものですが、その反対も無きにしも非ず。

例えば、タスク縮小という発注者も把握していることに起因するものから、制作チームの全体のスキルが上がって大きなトラブルも起こすことなく順調に作業が進んだ、といった制作者側の内部事情によるものまで、事情はそれぞれ異なるでしょう。

いずれにしろあまった予算を発注者側へ請求時点で還元していく、あるいは継続案件が見込める場合は次回以降に繰越す、という対応もされています。

また発注者の了解が得られれば、予算消化という形で普段なかなかできなかった将来動向調査や、コンテンツの追加、内容面での完成度向上など、対処の方法はいくらでも考えられそうです。

先々の受注獲得にも繋がるようなことにあまった予算が使えれば、まさに言うことなし言えるのかもしれません。