簡潔かつ事務的でない文章をめざす

ユーザビリティを意識したホームページ作りとして大事なことの一つに文章の書き方があります。単刀直入に結論を先にしめすのは、サイトを訪れた人にとって有難く感じられます。もっと詳細にという人には以降詳しく述べていけばいい話です。例えば目次を示し、見出しごとにリンクを張るとわかりやすい。

また専門知識の扱い方 にもひと工夫が必要。専門家では当たり前のことでも閲覧者がすべてその分野に長けた人とは限りません。略語を使う時にはかっこ書きや注釈を入れるという心遣いも必要。法律的な文章は特に要注意。専門的な言葉の羅列とせず、一般の人でもわかりやすい文章を心掛ける。また簡潔明瞭という点では箇条書きなどは効果的。文末の表現方法にも要注意。ですます調は冗長的となりやすく、である調は簡潔ですが事務的ととられやすい。使い分けが必要になることもあるでしょう。