深い意味をもつユーザビリティ

最近よく聞くようになってきた”ユーザビリティ”という言葉。Webサイトで閲覧している人が画面上で使いやすく感じてもらえるかどうかを示すものとして使われるようになってきましたが、その趣旨は目新しいものではなく以前より物づくりの指針として使われており、物づくりに携わっていた人にはお馴染みのISO(International Organization for Standardization)という国際規格でも「ある製品を、特定の利用者が、特定の目的を達成しようとするにあたって、特定の状況で、いかに効果的に、効率的に、満足できるように使えるかの度合い」とうたわれているように単に「使いやすさ」だけにとどまらない言葉としてホームページ作成時にも留意しなければいけない大事な要素として捉えておく必要があると言えます。